患者様へ

新型コロナウイルス感染症に対しての緊急事態宣言を受け、当院は4/7~5/6日まで、原則休診とさせて頂き、患者様とスタッフの安全をできる限り確保しつつ、急患対応のみを行って参りました。

現時点で、日本では患者様から歯科医療従事者への感染が1例、歯科医療従事者内での感染が1件報告されています。
報道では最も感染リスクの高い仕事の一つに歯科医師・歯科衛生士が挙げられてきました。
それを鑑みて、新型コロナウイルスとその対応について情報収集と検証、対策の立案を行ってきました。
そして今ある情報を当法人医科との協議した結果、ある一定以上の安全性を確保しつつ歯科医療を行う事が可能であると判断致しました。
よって5月7日からは緊急事態宣言の解除が無くとも通常診療を開始する事と致しました。

感染経路は

  1. 1.患者→歯科医療従事者

  2. 2.歯科医療従事者→患者

  3. 3.患者→患者

  4. 4.歯科医療従事者→歯科医療従事者

があります。
それぞれについて対策を立案し医師のチェックを受けました。この対策に沿って行い、診療に当たらせて頂きます。

そして来院される患者様にはお願いがございます。

来院に際してのお願い

  1. 1.体調不良の場合は診療を延期させて頂きます。

  2. 2.予め検温・問診をさせて頂く事をご了承ください。リスクが高いと判断した場合は当日の診療をお断りすることがございます。また、必ずマスク着用の上、ご来院ください。

  3. 3.来院された際は入口にて、アルコールによる手指消毒をお願いしています。

  4. 4.おかけになる椅子はソーシャルディスタンスを遵守させて頂く為、おかけになる位置を指示させて頂く場合があります。

  5. 5.車でお越しの患者様はお車でお待ちになって頂くようお願いすることがあります

  6. 6.窓を開放するため、その日の気温により診療室内の温度調節が難しく「暑い」「寒い」とお感じになることがあります。ご了承ください。

  7. 7.待合室、パウダールームでの歯磨きをご遠慮ください。

  8. 8.待合室では出来るだけ会話を控え、静かにお待ちください

  9. 9.トイレを流すときは必ず蓋を閉めてから流してください

  10. 10.その他、安全性を最重要視し、患者様に今までよりご不便をおかけすることもあるかと思います。ご了承ください。

来院される患者様も不安がおありになると思います。
働くスタッフも不安が0ではありません。
しかし、この新型コロナウイルス感染症は長引きます。第二波も来るだろうとも思います。
いつ出来るか分からないワクチンや特効薬の登場まで全ての歯科診療を中止することは、結果として多くの患者様の健康をむしろ損なう事になると考えました。
私達は全力でこの新型コロナウイルス蔓延下でも、安全性を学びをアップデートし、実行しつつ診療を行って参ります。
ご理解ご協力の程、よろしくお願い致します。

また当院ではPCR検査は行っておりません。ご承知ください。

当院のコロナウイルス対策について

当院の特徴
Concept

「患者様の人生に寄り添いながら健康のお手伝いを」
それが私達のテーマです。

どのような高度で精密な治療をお受けになっても、それは「治った」のでしょうか?

私達は人の身体を元に戻す事が出来るとは思っておりません。人間の身体の構造は本当に良く出来ていると日々感じます。
そして生体は年を経て変化してゆきます。
虫歯を削って治療し、永久に持つ修復材料も方法もありません。
歯周病は完全治癒のない病気です。
歯内治療を行うと歯は破折しやすくなります。
矯正治療した歯は後戻りしようとします。
インプラントは身体の一部ではなく異物です。
病気に対して医療は万能ではありませんが、病んでしまった身体に対して、治療が必要でいらして頂いた患者様には、私達の持ち得る知識と技術を総動員し、出来る限り小さな介入で正常に近い状態に戻るお手伝いをしたいと考えています。
そしてこれからの歯科医院の果たすべき役割は、病んでしまう前に「病まない」為のお手伝いをしていくべきではと思っています。

1 安心、安全な医療を

医療機器の殺菌、滅菌を徹底しています。日本ではまだ普及率の低いクラスBオートクレーブを導入しています。

2 分かりやすい医療を

口腔内カメラ、マイクロスコープ、CT、患者様の情報管理及び提供と説明ソフト「トリニティコア」などを導入しています。全ては私達自身も患者様にも「見える」「分かる」医療をしたいという思いからです。

3  ひとりひとりの患者様に最適な医療を

虫歯や歯周病だけ例にとっても患者様の身体の状態、年齢、生活、考え方、等により治療方法、順序、は同じではないのです。
当院では皆様のお話をよくお伺いし、御相談しながら、その患者様にあった歯科医療を行いたいと考えています。カウンセリングルームは、患者様の「本当に必要な医療とは?」を模索する為に設置しています。

4 最先端の医療を

医学の発展は目覚しいです。学生時代に習った常識が今の非常識になっているものもあります。
常に新しい知識を学び、かつ検証しながら今出来る最先端の医療を提供すべく、学会、勉強会に積極的に参加し、常にスタッフ一同、研鑽を欠かさず精進致します。

5 予防歯科

お口のトラブルに悩む事を出来るだけ避けるには・・・
あらゆる治療方法を学び、実践し、患者様との日常から色んな事を教えて頂いた結果、答えは予防でした。そもそも病気にしない事、また出来るだけ病気を重症化させない事を目的に当院では患者様のライフスタイルに合わせた定期メンテナンスの推奨、実施を行っています。

ページのTOPへ移動します。